<スポンサードリンク>

パリス・ジャクソンの母親は?

***EXCLUSIVE*** Never-before-seen pictures of Michael Jackson. Strictly for usage in OK! Magazine in the UK and US only for the agreed time period and for the agreed fee. Ref: EXCLUSIVE Splash News and Pictures Los Angeles:310-821-2666 New York:212-619-2666 London:207-107-2666 photodesk@splashnews.com

***EXCLUSIVE***
Never-before-seen pictures of Michael Jackson.
Strictly for usage in OK! Magazine in the UK and US only for the agreed time period and for the agreed fee.
Ref: EXCLUSIVE

Splash News and Pictures

Los Angeles:310-821-2666

New York:212-619-2666

London:207-107-2666

photodesk@splashnews.com

画像引用:http://legend-of-mwfc.la.coocan.jp/interview-debbie.html

パリス・ジャクソンの母親は、看護師の「デビー・ロウ」という女性。
デビーさんは1996年11月にマイケル・ジャクソンと結婚。
1998年4月3日にパリスさんが誕生します。

マイケル・ジャクソンとは普通の恋愛結婚だったわけではなく、当時とても子供を欲しがっていたマイケルさんに、「あなたは父親になる資格がある」と、友人関係からお子さんを産んだそう。

ところがこの結婚は契約結婚だと噂されていて、結婚生活は長くは続きませんでした。

2001年には、デビーさんは娘の全養育権をマイケルさんに譲る署名をし、わずか3歳のパリスさんとお別れをします。

離婚の理由は、「マイケルと結婚するとプライバシーが全くなく、買い物にも自由に行けない生活を送るのが嫌になった」や、
「子供を欲しがっていたマイケルさんに、子宮を提供してあげるだけだった」などの理由があります。

マイケル・ジャクソンはもちろん普通の家庭とはかけ離れたスーパースター。
デイビーさんは、結婚した当初からファンやマスコミ、アンチなど、外野からいろいろ言われて大変だったようです。

スターの家族って想像以上に大変そう。。

2009年にマイケルさんが亡くなって以降、パリスさんはデビーさんと再会し、
ゆっくりと関係を築いており、失った母子の時間を取り戻そうとしています。

2013年4月3日のパリスさんの誕生日には、カリフォルニアの「Ahi sushi」で撮影した写真をInstagramにアップ!
022
画像引用:http://x.celebee.info/?p=2821
「ママとの時間・・・♡」というコメント付きで投稿されたこの写真からは、久しぶりに再会した親子の喜びを感じますね。

パリスさんは非常に好奇心旺盛で、マイケルさんが亡くなってから母親を探し、とても簡単に見つかったといいます。

一方、パリスさんのお兄さんのプリンス・ジャクソンさんは、産みの母であるデビーさんとの関係を持つ準備が出来ていなく、母親を知ることにもあまり興味がない様子。

なんだか切ないようですが、プリンスさんにとっては物心ついた時からいなかったし、このへんは男の子と女の子の違い?
スーパースターのことして育った環境から、一般家庭とは常識も違いますし、男性でいまさら「ママ」はいらないと考えているのでしょうか。

デビーさんはパリスさんが通うロサンゼルスの学校を訪問したり、ダンスパフォーマンスを応援したり、花束を贈ったりと、離れていた時間を取り戻すように母親業に専念しているようです。

そんなパリスさん、実はマイケルの実子ではない?養子だった?次のページへ