<スポンサードリンク>

実はマイケル・ジャクソンの子供ではない?

625321
画像引用:http://topicks.jp/20750

そんな長女のパリスさんは、マイケルさんの本当の子供ではない、と噂が立っています。

パリスさんの本当の父親だとされているのは、イギリスの元・俳優「マーク・レスター」さん
2ed4a_196_8ed3743c506ae7b3575e6ea19baee37c-m
画像引用:http://news.livedoor.com/article/detail/4291840/

えっ!?マイケルの子供じゃない!?一体どうして!?

実は、マイケルさんが子供を欲しがっていた1996年当時、長年の友人だったマークさんに「精子の提供」を求めたんだそう。

マークさんは

「マイケルが1996年に僕に精子の提供を望んだので承諾した。彼は本当に子供を欲しがっていた。金銭的な見返りは受け取っていない」

引用:http://eiga.com/news/20090810/1/

と語ります。

友人に精子の提供・・・!?
スーパースターは発想も行動も違う。

実はマイケルさんは、幼い頃からジャクソン5として一緒に活動していた兄たちが、金銭目的で近づいてきた女性とのトラブルで涙しているのを見て、女性不信になったんだそう。
マイケルが結婚しても普通の夫婦の形をとらずに、子供だけを欲しがっていたのはそのせいだとも言われています。

精子の採取は同年2月にロンドンのハーリー通りにある病院で行われたという。
その8カ月後にマイケルさんは、長男プリンス・マイケルくん、長女パリスさんとの生みの母であるデボラ・ロウさんと結婚。
3カ月後に夫妻は長男の誕生を明らかにし、パリスさんはそれから約1年後の98年4月に誕生した。

引用:http://eiga.com/news/20090810/1/

マイケルさんがジャクソン5だった頃からの親友で、マイケルさんの3人の子供のゴッドファーザー(名付け親)でもあったというマークさん。
マイケルさんが本当に信頼の置ける人物だったということが分かりますね。

これが本当なら、パリスさんはマイケルと血の繋がらない、「白人」だということになります。

そのショックでパリスは自殺未遂

paris-jackson
画像引用:http://www.vogue.co.jp
マークさんの証言により、そのことを知ったパリス・ジャクソンさんは、「マイケルさんが実の父親ではない」と知ってうつ状態に陥ります。

「マイケルさんが実の父親でないことには薄々気づいていたけど、兄のプリンスとは血が繋がった本当の兄弟だと思っていた、兄のプリンスにも違う父親(精子提供者)がいると知ってショックだった」と語ります。
1370460464_5539_Paris
画像引用:http://matome.naver.jp
2013年、パリスさん15歳の時、解熱薬を大量に飲み、包丁で手首を切って自殺未遂。
病院に運ばれて命をとりとめましたが、愛する父親を亡くしてもなお傷ついた気持ちは測りしれません。

パリス・ジャクソンは今もマイケルを尊敬している

20120809_parisjackson_01
画像引用:http://matome.naver.jp

パリス・ジャクソンは今もマイケルを愛している、というのがわかるこの写真。
ベッドの上にはマイケルの写真がいっぱい!!

熱狂的なファンの寝室みたい。

世界の大スターを父親に持ったのはもちろん、お父さんのマイケルに本当に愛されて育ったのが分かりますね。
パリスさんにとってはマイケルさんは、「世界のスーパースター」でありながら、「一人の良い父親」だったのでしょうね!

パリスさんの今後の活躍に注目です!