名作「スターウォーズ」のスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

その映画でキーパーソンとなる情報将校キャシアン・アンドーを演じるディエゴ・ルナ
メキシコ人俳優のディエゴのチャーミングな魅力とシリアスな演技にも注目が集まります。

ディエゴ・ルナプロフィールは?
身長は?
ガエル・ガルシア・ベルナルと仲良し!
・結婚、離婚している?
・2016年に来日
を見ていきたいと思います。


<スポンサードリンク>

ディエゴ・ルナのプロフィール

diego-luna
画像引用:http://images.ciatr.jp/2015/08/30232757/Diego-Luna.jpg

本名 Diego Dionisio Luna Alexander(ディエゴ・ディオ二シオ・ルナ・アレクサンダー)
生年月日 1979年12月29日(36歳)
出生地 メキシコシティ
国籍 メキシコ
配偶者 カミラ・ソディ(2008 – 2013)

イングランド人衣装デザイナーの母親、フィオナ・アレクサンダーと、メキシコ人セットデザイナーの父親、アレハンドロ・ルナの間に生まれました。

ところが、ディエゴがわずか2歳のときに母親は交通事故で死亡。
その後は舞台セットデザインをしていた父親の影響を強く受けて育ちます。

幼少時代から舞台で活躍する子供で、6歳の時にガエル・ガルシア・ベルナルと舞台で一緒になります。その時から友達だったガエルは、今でもお互い俳優として仕事をしています。

その後、メキシコのソープオペラや舞台で活躍し、2000年に『夜になるまえに』でハリウッドに進出しました。

ディエゴ・ルナ出演作品「天国の口、終りの楽園。」(2001)

幼なじみのテノッチとフリオの2人は、常に女の子のことを考える若者だった。ある夏、お互いのガールフレンドが旅行に出かけてしまったことをきっかけに、パーティで出会ったルイサを誘って幻のビーチ「天国の口、終りの楽園」を目指す旅に出る。
若者たちのロードムービー。
共演者であるガエル・ガルシア・ベルナルは、6歳の頃からの友達。
ディエゴと一緒に2人でヴェネツィア国際映画祭で最優秀新人賞を受賞しました。

ディエゴ・ルナ出演作品「ターミナル」

父の遺言を叶えるために、アメリカにたどり着いたひとりの男。
彼は東欧のクラコウジア人、ビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)。
祖国がクーデターによって事実上消滅し、パスポートも無効になってしまった彼は、国に帰ることも、アメリカに入国することも禁止され、言葉のわからない空港にひとり取り残されてしまう。
そんな彼を見かけて力になる空港職員、エンリケ・クルズを、ディエゴが演じています。

言葉がわからないビクターをトランプに誘ったり、好きな女性に告白したいと頼んだりと、ひとりぼっちのビクターに初めて出来た良い友達です。

ミルク(2009)

まだ同性愛が市民権を得ていなかった時代、ハーヴィー・ミルクは社会の不平等を改革すべく行動を起こし、自らゲイであることを公表すると同時に、
同性愛者の公民権獲得や地位向上のために立ち上がる。

ディエゴはこの映画でジャック・ライラ役として参加。

夜のバッファロー

ディエゴはアメリカ映画に出演すると同時に、メキシコやスペイン映画にも積極的に参加しています。
スペイン映画の「すばらしき日暮れ」(2002年)メキシコ映画の「夜のバッファロー」(2007年)など、2012年に公開された「僕たちのサボテン・アミーゴ」では、イマゲン財団賞助演男優賞を受賞しています。

結婚・離婚している?身長は?は次のページへ(下の青いボタンになります)